著者:ねこまみれ。

しっかり

エモーショナル

運営イチオシ

プレイ人数

5人

プレイ時間

150分

Introduction

「ハローハロー、旧人類のみなさま、いかがお過ごしですか?」 そんな調子はずれの挨拶を冒頭に据えて、新人類代表を名乗るアーシュ・ウルゴアの手紙は始まった。そして、手紙と共に我々5人のレジスタンスの幹部のもとへ送られてきた箱の中には、レジスタンスの代表ユークリウス・ノアのバラバラにされた肉体が入っていた。 新人類に囚われた人類の解放作戦を控えたいま、我々レジスタンスの心を折るにはこれで十分だった。 新人類とレジスタンス、その戦いの発端は70年前に遡る。巨大な宇宙船に乗って地球に現れた新人類を名乗る彼らは、この地球を明け渡せと要求してきた。もちろん、そんな要求を呑めるわけがない。しかし、彼らはこちらが要求に応じないと見るや否や人類の虐殺を始め、人類は四半世紀もしないうちに70億人から数1000万人へと数を減らしていった。 外見だけなら彼らは私たち人類とは何ら変わりがない。しかし、彼らは私たちを虫や家畜と同程度にしか見ていない。尊厳を保ったまま戦いのうちに死ねるならまだ良い方で、彼らに捕まればペットの獣たちの玩具にされることも少なくなかった。そうして、消耗すれば後はバラして餌にする。 現在その総数を地球全体で17万人程まで減らした人類のうち、彼ら新人類に囚われているのが約13万人。残りの約4万人ほどが彼らの支配から逃れ各地で集落を作り暮らしている。そして、その4万人のうち約7,000人ほどが人類解放を目指して戦うレジスタンスの構成員として活動している。 だが、レジスタンスの代表ユークリウス・ノアが影武者を立てていることを知る人物はここにいる幹部の5人のみ。そして、この箱の中に詰められていた遺体は紛れもなく影武者ではないユークリウス・ノア本人だった。 幹部5人の中に裏切り者がいる。 それは明らかだった。そうでなくては、普段レジスタンスとは無関係の人物として隠れ暮らしているユークリウス・ノア本人がピンポイントで狙われ、殺され、こうして幹部の元へ送り届けられる理由の説明がつかなかった。 《注意書き》 ※これは無料公開されているマーダーミステリーゲーム作品であり、どなたでもお手にとって遊んでいただくことが可能です。 しかし、作中には一部過激な表現や殺人に関する描写が多く存在しております。遊んでいただく際には、予めそのことをご了承ください。

Characters

Reviews

とっても楽しかったです! 議論の中で何を優先して追求するかの選択が 重要かな、と思います! 謎...

それぞれのキャラに個性があり楽しくできました!感想戦も盛り上がって良かったです!

楽しかったです

謎解き、ストーリー展開どちらも楽しめてとても良いシナリオだと思います。 本当はシリアスなシナリ...

面白かった!SF好きには刺さるシナリオだと思います(特に男性陣には大好評でした!) 感情移入す...

楽しかった!

Author's Comment

はじめまして、「ねこまみれ。」と申します。 どうかまったりと「終わりへ向かう時」をお楽しみくださいませ。